« ABSの件 | トップページ | 骨董ジャンボリー?! »

2010/08/02

花立山星まつり

7月31日(土),実は相模原の「はやぶさ」一般公開を見に行こうと思っていたのだが,二度寝して起きられず,yahagiさんの日記を見て諦めた。兎に角凄い人出だったようだ。
と言う訳で,どうするか迷った挙句花立山星まつりに出かけた。

会場
メイン会場はこんな感じ。実はここは下見で一度,C/2007 N3 鹿林彗星の観望の時に一度行っているので,今回で3度目になる。

今回,初めてドームの中の大望遠鏡を見学させて頂いた。
望遠鏡の隣にいる方はこの鏡を自ら磨いたのだそうだ。個人が磨いたミラーとしては国内最大級ではないだろうか。

82cmの大望遠鏡
撮影時に掲載許可を頂いたので載せたが,お名前を伺うのを忘れていた(^^;ドヂダネェ。
ドームの外観はこのような状態。
82cmの大望遠鏡

会場では,天文同好会サミットで会った檜木さんやら,小田さんに出会った。また随分お久しぶりに七瀬さんにも会ったのだった。茨大の学生の付添だとのことだったが,声を掛けられるまで気が付かなかったとはお恥ずかしい。
松戸を出る少し前に土砂降り(雹と言うか何だかシャーベット状の塊にも見えたが)だったので,空の方はあまり期待していなかったのだが,日が暮れるに従って改善方向に向かい,会場に並んだ小望遠鏡でも金星や土星を楽しむ事が出来た。
星まつりが終焉にかかる頃には,望遠鏡で遠方の花火大会を覗き始めた。お陰で,つい高校時代を思い出した。あの頃は,試験前の一週間を除く土日は殆ど天文部の部室に泊まっていたので,田舎のペーロン前夜祭に行われる花火大会を見に行くことが出来なかったのだ。それで当日は五藤の7.5cm屈折を使って山越しの花火を見ていたのだった。上から降ってきて視野一杯に広がる,音の無い花火。だが,これはこれで案外に風情が有るのだ。

しかし,どうでもいいけど自分の望遠鏡が出せないと言うのは辛いもんだなぁ。

|

« ABSの件 | トップページ | 骨董ジャンボリー?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/49127072

この記事へのトラックバック一覧です: 花立山星まつり:

« ABSの件 | トップページ | 骨董ジャンボリー?! »