« 月齢1.0 | トップページ | 西はりま天文台から姫路へ »

2009/05/03

須走口5合目

4月30日(木)夜,土浦から松戸に戻った後,帰省のついでに須走へ。

山頂に沈むアークトゥルスとうしかい座付近
写真は富士山頂に沈むアークトゥルスとうしかい座付近。

19時頃会社を引いて寮へ戻る。
松戸に戻る準備をしながらmixiを見ると,FSPACEの仲間が3名須走に向かっているらしい。一端松戸の自宅に戻り,洗濯乾燥機に作業着等を放り込んで,今季初の須走に向けて出発。翌日はその足で帰省する予定だ。
到着してみると,思った以上に眠い空。

Ninjaとさそり座
何て言うか,須走らしからぬ抜けの悪い明るい空なのだ。
天頂ぐらいは,もう少し抜けても良いだろうに。
ガイド撮影は諦めて,Ninja-400を出してみた。
昼間の地上の気温と5合目の気温差は,思った以上あった様で,なかなか鏡筒の温度が下がらず,高倍率の星像が心許ない。
ベール一枚被った様な空ながら,久々にディープスカイの導入開始。
この日はM3,M13,M51+NGC5195,NGC4490+NGC4485,NGC4565,M94,M63
,M109,M108,M97,M101,M106,M64等を見た。
今一の空ながら,M51の腕の渦巻きもそこそこ見えたし,NGC4565のすっと伸びたアームと中央を横切る暗黒帯,M64の黒目も見えていた。

ここ数カ月,仕事で酷使しているせいか目の疲れが早く,この日も次第に接眼レンズを覗くのがしんどくなって来たので,この後はゆっくりする事にした。

さそり座といて座
さそり座といて座が調度良い位置になったので,固定撮影してみたが,やっぱり薄雲がかかっている。
金星と木星
その内金星が上がって来たので,木星と一緒に一枚。
明け方,頭上を飛んだジェット機の後に,飛行機雲が随分立派に出来ていた。やっぱり上空は湿度が高いのだな。
金星と木星
それが流れてきて金星と木星に掛ったのでもう一枚。
ついでに,いつものお約束の機材のある風景。
Ninjaとオデッセイ

やがて日がまた昇る。
日の出
さてと,そろそろ実家に向けてスタートだ。

|

« 月齢1.0 | トップページ | 西はりま天文台から姫路へ »

コメント

写真だと明るい空に見えるのに
綺麗に星が見えるものなのですね。

目の疲れはお大事にしてくださいw

投稿: 氷室 静 | 2009/05/07 14:05

氷室さん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうですね,32cmを使っていた頃は,この空なら系外銀河に向けようという気は起りませんでした。口径40cmあればこそです。
それに透明度が悪いと言っても,天頂付近は天の川が見えていましたから,平地よりはずっとましなんです。
目の方は,なるべく気をつけるようにします。どうもありがとう。

投稿: フォーマルハウト | 2009/05/07 22:04

ひこうき雲、見事に☆と☆をつないでますね。ひこうき雲を携帯で撮っては友達にメールで送ってましたが虹のときとはうけが悪いです。

高速はめちゃくちゃ混んでるニュースを見ましたがタイミングは大丈夫でしたか。何時間かなと。

投稿: おとぼけ | 2009/05/09 00:09

おとぼけさん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
飛行機雲は,題材としては結構難しいのかも知れませんね。
5月1日はメーデーですが,休日ではないので,いわゆる千円均一にはなりませんから,殆ど渋滞はありませんでした。帰りも案外に酷い渋滞には巻き込まれず,無事帰れましたよ。

投稿: フォーマルハウト | 2009/05/09 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/44928145

この記事へのトラックバック一覧です: 須走口5合目:

« 月齢1.0 | トップページ | 西はりま天文台から姫路へ »