« 更新が滞っておりますが | トップページ | 原村星まつり2008 »

2008/08/14

中国日蝕旅行記(3日目:日蝕当日)

8月1日,昨夜宿泊した中衛市から約80km砂漠に入り込んだ所に,観測地が設営されていた。

観測村

写真は食堂となったテント。
しかし雲は高く,簡単には晴れそうにない。

現地では,赤旗の立てられた範囲に,各人思い思いの場所取りをして待機していた。

機材を展開し待機する観測者達

第一接蝕の時間が経過して暫く時間が経過した頃,少しだけ雲の薄い部分が太陽に掛かったが,露出の設定を間違えていた為,慌てて修正している内に,また濃い雲に覆われてしまった。
雲間の部分日蝕

待ち続けているが,一向に厚い雲が去る気配は無い。
ふと麓の平原を見ると,貨物列車が結構な頻度で走っている。
SIGMA ZOOM 18-200mm 1:3.5-6.3 DC OSに40Dのボディーを付け替えて,列車を撮影してみた。
貨物列車

山上から見る列車は,まるでヤスデが這っているみたいに見える。
200mmでは拡大率が小さいので,MINIボーグ60EDも向けてみた。
どうせ当分晴れ間は来ない。
貨物列車

僕は鉄ちゃんではないので,詳しくは判らないが,ディーゼル機関車2連で引っ張っているようだ。
ガイドさんの話だと,今の中国は好景気のため物資の移動が盛んなんだそうな。
それにしても,こんなど田舎の砂漠を20分に一回ぐらいの頻度で貨物列車が走っているとは思わなかった。

日差しが回復しないまま,第2接蝕の時間を迎えた。
カウントダウンのテープが流れる中,上空の雲が急激に暗さを増していく。遂に雲の上では皆既日蝕が始まった。

本影錐の中

上空の雲は真っ暗だが,雲が開いている西から北東の空は茜色に染まり,明るく輝いている。
その内,第3接蝕のカウントダウンのテープが流れる。
影が通り過ぎて行くのが,雲を通しても良く判る。
相変わらず上空は曇りだが,既に明るさを回復していた。
明るい曇り

しかしまだ終わった訳ではない。
晴れ間が,徐々に西の地平線方向に拡大して来ている。
せめて第4接触ぐらいは撮影して帰ろう。
ただ,この時点で既にMINIボーグはばらしてしまった。
仕方が無いのでSIGMA ZOOM 18-200mm 1:3.5-6.3 DC OSによる手持ち撮影と相成った。
待ちわびる事暫し,太陽が雲の下に出てきた。
太陽の出

部分日蝕
部分日蝕
部分日蝕
部分日蝕
部分日蝕
部分日蝕
第4接蝕の終了と共に蝕の有った辺りが沈む。
第4接触終了
日没直前にグリーンフラッシュがあったのだが,バッファフルでその瞬間にはシャッターが落ちなかったようだ。あるいは錯覚だったのか。。
日の入り
後に残ったのは真っ赤な夕焼け。
夕焼け
大陸の夕焼けは赤く美しかった。。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト


|

« 更新が滞っておりますが | トップページ | 原村星まつり2008 »

コメント

そんなところにいってらしたのね。お天気が残念のようでしたが、それでも一瞬見られたみたいでよかったですね。来年私もいきたいなーって思ってますが、どうなることか。

投稿: みぃとろ | 2008/08/17 21:41

沈みゆく瞬間がきれい、空が真っ赤です。
最後の最後までもったいぶるなんて意地悪なお天気でどきどきもんですね。祈りが通じたようでよかったというところでしょうか。

投稿: おとぼけ | 2008/08/17 22:37

フォーマルさんは、阪急のツアーで中国へ行っていらしたのですね。事前の確率では、中国の方が高かったのに、ホント、天気は判りませんね。やけ酒、お付き合いしますよ。

投稿: みむろ | 2008/08/17 22:40

まじで曇ったんですね。
19日は本社出張でW先生に会うと思うけど、
日食の話しはしない方がいいかなぁ・・・

投稿: ぺがすす | 2008/08/17 23:20

やはり、大陸の雄大さには圧倒されます。
>「影が通り過ぎていくのが・・・」
>「上空の雲は真っ暗だが・・・」
この辺りは、現地でしか味わえない臨場感ですね。来年の南西諸島では、お天道様に是非とも微笑んで貰いましょう!

投稿: Lost Longing | 2008/08/18 06:14

 曇ったのですか? 残念でしたね。でも、それなりの成果があったようですね。

 砂漠を平行して同時に貨物列車が走っているとは凄いですね。20分に一本というと東海道線の深夜の5分ピッチにはひけをとるものの鉄マニアにはうれしいです(^^;ぜひ見てみたい。

投稿: 木村 | 2008/08/18 20:52

あれ~,ぺがすすさんの直後くらいにコメントしたんですが,なくなっていますね(^^;?
もう何書いたか忘れちゃった(^^;。。。
皆既中の異常な暗さが独特であるとか'91年ハワイを思い出すとか,書いたっけな??

投稿: 7331 | 2008/08/20 06:37

みぃとろさん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうなんです。こんな中国の奥地まで行ってきました。
成果の方は時の運ですから仕方ないですね。
来年こそは!!です。
日本近海で皆既日食が見られる機会なんて,滅多にありませんから,みぃとろさんも是非ご家族で見に行かれる事をお勧めします。

投稿: フォーマルハウト | 2008/08/21 05:51

おとぼけさん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
綺麗には違いありませんが,本当に見たかった部分では無いのが残念でした。祈りは通じてなんかいません。
ですが時の運は時の運。
来年こそはリベンジです。

投稿: フォーマルハウト | 2008/08/21 05:59

みむろさん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
ここまで見事に曇られるとは思いませんでした。やけ酒と言うよりは,来年の前祝いと行きたいですね。

投稿: フォーマルハウト | 2008/08/21 06:03

ぺがすすさん,こんばんは。
まじですよ,まじ。
渡辺先生は何度も見ておられるでしょうから,一度ぐらいは平気でしょうが,僕は99年のトルコ以来,9年ぶり2度目の挑戦でしたからねぇ。まあ,来年頑張ります。
一緒に船を漕ぐ事になりそうなんで宜しく。

投稿: フォーマルハウト | 2008/08/21 06:06

Lost Longingさん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
旅としては良い旅でした。やはり大陸は日本とは違います。事前の対応には"?"な所は有ったものの,阪急交通社さんには感謝しています。

>来年の南西諸島では、お天道様に
>是非とも微笑んで貰いましょう!

そうですね。
来年こそは黒い太陽と真珠色のコロナを拝みたいものです。

投稿: フォーマルハウト | 2008/08/21 06:15

木村さん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
成果,ですか?有ったのかなぁ。。
貨物車両の活発な往来は,鉄道ファンではない僕も興味を持ちましたから,多分鉄屋さんには堪らんでしょうね。
実は,この日の午前中に有った,黄河と砂漠の観光では,この車両をすぐ間近で見る機会が有りましたよ。その時は特に興味も持たなかったので写真は撮りませんでしたけど。

投稿: フォーマルハウト | 2008/08/21 06:25

ななさん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
あれれ,コメントが消えちゃいましたか?
ななさんほど場数は踏んでいませんが,曇った分,今回は周囲の状況変化をじっくり観察する余裕が出来たかも知れません。
所で,来年はどちらで見られます?

投稿: フォーマルハウト | 2008/08/21 06:32

行ってはったんですね。トルコから9年かぁ。

来年はどうなるんでしょうね。できることなら朝イチの飛行機で屋久島か奄美日帰りと行きたいところですが、まず予約が取れないでしょうねえ。

関西発1泊2日とかないかなぁ・・・

投稿: かい | 2008/08/25 01:12

かいさん,こんばんは。
ご無沙汰しています。
来年こそは見たいですね。
ツアーはまだまだこれから出てくるのではないでしょうか?

投稿: フォーマルハウト | 2008/08/31 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/42194360

この記事へのトラックバック一覧です: 中国日蝕旅行記(3日目:日蝕当日):

« 更新が滞っておりますが | トップページ | 原村星まつり2008 »