« 世田谷区教育センタープラネタリウム | トップページ | 星空彷徨記(2008GW編其乃二) »

2008/05/10

星空彷徨記(2008GW編其乃一)

4月30日,折角やってきた大台ケ原は,しかしとても満足できる状態ではなかった。
レオポンさんの掲示板を読むと,前日までは天気が良かったようだ。
写真は、かろうじて撮影したC/2007W1 Boattini。

C/2007 W1 Boattini
透明度が悪く、望遠で狙える状況ではなかったので、35mmでの撮影のトリミング画像である。データは後ほど。

本当は4月26日から休みのはずだったが,組合の年休取得推奨日の28日は新人歓迎会が入っているので休めなくなった。結局連休当初は出勤。
風邪も引き込んではいるが医者で薬を5日分貰ってきたので、何とかそいつで持たせる。
4月29日に部屋を片付け、夜中に出発する。
しかし日ごろの疲れからか、御殿場を過ぎた辺りから眠気が…。
仕方なく富士川SAに立ち寄る。空には下弦を過ぎた月が光る。

月

仮眠のつもりが、気がついた時にはすっかり薄明が始まっていた。
石碑

富士山は辛うじて見えている程度で、晴れてはいるが,透明度はかなり悪い。富士川の向こうに薄ぼんやりと影が見えていた。
石碑

さて、こうしてはいられない。
顔を洗って、かなり早めの朝食を掻き込んで、早々に出発だ。
走りに走り続け、8時過ぎには伊勢湾岸道に入る。
名港トリトンと言う、それぞれ青・白・赤に塗り分けられた3つの吊橋を通過。更にトゥインクルと呼ばれる吊橋群を過ぎる。

湾岸長島PAに辿り着いた時には9時少し前だった。
最初に出迎えてくれたのはムクドリのつがい。

ムクドリ

とは言え、一定距離以上には近寄らせて貰えない。
ムクドリ

ここはFSPACEでの義理の弟,ぼんちゃん家に近い。
近くを通るのに挨拶も無しではいかんだろう。
電話をかけてみると,早速湾岸長島PAに来ると言う。
交通費が勿体ないから,こっちから行くと言ったのだが。。
(凄く久しぶりに奥さんや子供たちにも会ってみたい気もしたが。)
ぼんちゃん到着までの間、PA内を歩いてみる。PAの片隅に展望台が設けられていた。
展望台

そこから見たトゥインクルと
トゥインクル

ナガシマスパーランドの様子。
ナガシマスパーランド

実は湾岸長島PAは湾岸長島ICと隣接している。
ここは正にナガシマスパーランドのための出入口。
そのためかどうかは知らないが,PA内に足湯もある。
足湯

そうこうする内にぼんちゃん到着。
透明度は悪いが程良い日差しの中,ブレンドコーヒーを片手に積もる話を延々して居たら,いつの間にか正午を廻っていた。
どうも彼には午後から用事があったようだ。慌てて帰って行った。
悪い事したな。申し訳ない。

そんなこんなで昼食は湾岸長島PAで摂る。
その後,東名阪から名阪国道に入り,針テラスに降りる。
ここは名阪国道中最大の道の駅である。
一休みした後,R369を南下。
旧榛原町を過ぎてR370に入り,旧大宇陀町を通過する。
この辺り、いつの間にか統合されて全部「宇陀市」なんて名前になっている。
風情も何もあったもんじゃない。
「かぎろひ」の町,大宇陀町は京大の大宇陀観測所のある場所で,高校生の頃は結構思い入れを持っていた地名だったのだが、、無くなっちゃったんだよねぇ。
そのまま突き進むとやがて津風呂湖の案内看板が見える。
そちらには向かわず,狭いトンネルをぬてつづら折りを下り,吉野川沿いを樫尾発電所を左手に見ながらしばし西へ。幾つ目かの狭い橋を対岸へ渡り,感応式信号の交差点を殆どUターンしてR169に乗ったら,後はひたすら大台ケ原への分岐点を目指して走る。
思えばこの道,本当に良くなったものだ。
初めて来た頃は正直走るだけでも怖い道だったもんな。
正に難所だった。
確か、大台ケ原ドライブウェイに分岐する手前のループの所が完成したのって2~3年前じゃなかったかな。
あそこの工事は随分長くかかっていたっけ。
そんなことを思いながら新伯母峯トンネルの手前を右折。
ここから休憩施設までは,「ほんまに定期バスが通ってんの?」と言いたくなるような道。休憩所の先のゲートを過ぎるとやっと道らしくなってくる。
だが、ここは大台ケ原。特に春先は雪崩や雪解け水であちこちがけが崩れ、道路が傷んでいるのだ。
尼崎に住んでいた頃には,星見のために結構通った道。
だが厳しい自然の浸食によって,毎年少しずつ表情が変わっている。昨年は転勤のどさくさで一度も登れなかったから,余計にそう感じるのかも知れない。
唯でさえここの自然は厳しく、どんどん大台ケ原は崩れていく。
だが、すっきり晴れれば関西随一の星空がここにはあるのだ。
大切にして欲しいと本当に願わずにはいられない。
車で上がる奴が言うなってか?だが機材を素手で担いでは上がれない。自分自身も矛盾に満ちている。
だからせめてアイドリング停止ぐらいは心掛けている。

駐車場に着いてみると,空はあまり良くない。
青空も見えるが薄皮1枚被っていて,天文屋的には晴れとは言い難い空だ。厄払いするつもりで,日没前からNinjaとTS40H型ポタ赤を出してみる。

どうも天気は下り坂のようだ。
夕暮れにかけて雲が広がりつつある。
駐車場入口側のトイレの明かりが消えないことに,天文薄明が終わるころになって気づいた。
奥のトイレは使用時のみライトが点くようになっていたはずだが…
なんと夜間使用禁止になっていた。
天文薄明が終わって,ぎょしゃ座に居るはずの17P/Holmesを狙ってみたが,折からの薄雲にトイレの明かりが反射して全く駄目だった。2ショット撮った所で早々に諦める。

ぎょしゃ座
---------------------------------------------
Canon EOS Kiss Digital N 改
AI Nikkor 35mm F1.4(絞りf2.8)
ISO感度 800
撮影日時 2008/04/30 19:57:52
露出時間 35秒
---------------------------------------------
レベル調整,トーンカーブ調整,色補正実施。

次は今夜のお目当て,C/2007W1 Boattini。だが全体的に薄雲が掛かっているため眼視では確認できなかった。仕方ないので35mmでえいやっと狙う。

C/2007W1 Boattini
---------------------------------------------
Canon EOS Kiss Digital N 改
AI Nikkor 35mm F1.4(絞りf2.8)
ISO感度 800
①データ-------------------------------------
撮影日時 2008/04/30 20:40:43
露出時間 45秒
②データ-------------------------------------
撮影日時 2008/04/30 20:42:48
露出時間 4分50秒
③データ-------------------------------------
撮影日時 2008/04/30 20:54:18
露出時間 3分00秒
---------------------------------------------
3枚コンポジット後、レベル調整,トーンカーブ調整,色補正実施。

中央部分をトリミングするとこうなる。

C/2007W1 Boattini

彗星の直ぐ近くに写っていた変光星らしき赤い星が大変気になる。
結局正体が判らず,2日後西はりま天文台に立ち寄る事になるのだが,その辺りの顛末はひとまず置いておく。

折角Ninja-400を出しているのだから、観望しない手はない。しかし、空の方はこの上無く最悪である。天頂付近ならまだしもマシそうだったので,M51(NGC5194+NGC5195)を導入。ああ、こりゃひどい。プラトーさとみと,どっこいどっこいにしか見えない。NGC4490+4485もガッカリするような見え味だった。透明度が悪いなぁ。
系外銀河は断念して球状星団に立ち寄ってみる。M3は,まあまずまずか。ω星団の様な,南天に低い対象は既に雲の中なので諦めて,M13。幾ら空のコンディションが悪いと言ったって、これぐらいには見えないとね。一応中心部までぎっしりと詰まってはいるが,ちゃんと個々の恒星として判別できる。次はM5かなぁと思っていたら急に星が視野から消えた。接岸部から目を離すと,あれだけ邪魔だったトイレの明かりが曇って薄暗く見える。しまった,雲の中に入ってしまった。慌ててシャッターを切り,撤収開始。
機材は既にずぶ濡れだが、外に出して置いても酷くなるだけだ。
5分以内に撤収して、車の中で眠って待つことにする。

2時間ほど仮眠して起きると,駐車場の標高でガスっていた雲が去り,星は見え始めていた。しかし既に時遅く,C/2007W1は南西の空の極低空。
おまけに上空にも薄雲が残り,透明度は悪いままだった。
風邪ひき中でもあるので、無理せず夜半にはゲートの所の休憩施設まで降りた。
やはり大台ケ原駐車場よりはこちらの方が寒さをしのぎ易い。
結局駐車スペースにオデッセイを突っ込み,眠ることにした。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト

|

« 世田谷区教育センタープラネタリウム | トップページ | 星空彷徨記(2008GW編其乃二) »

コメント

いつもフォーマルハウトさんの元気さには感心します。

しかし,その大台ヶ原駐車場のトイレ。
夜間使用禁止なのに電気が消えないって,随分無駄な気がしますが…消し忘れ?

そしてなるほど,本当に彗星のすぐ近くだったのですね。
これは確かに気になります(^^;

投稿: 7331 | 2008/05/17 14:00

相変わらずの行動力ですね(^^;。
私は、3日に行ってきましたが、一晩中晴れたものの、やはり春霞の空でした。
ところで、駐車場入り口のトイレは、一晩中電気は点いていますが、使用可能です。
奥(南側)の新しいトイレは、両側の男性用、女性用は夜間はシャッターが下りて使用不可です(何故かセンサーでライトは点く)が、中央の車椅子でも入れる所は、夜間でも使用可能です。

投稿: いのうえ | 2008/05/18 00:08

5/10復活でしたか、えいやって写ってるなんてすごいです。
最近続けて細い道へ車でお出かけしたけど運良く対向車が来ないことを願うばかりでした。この週末は運悪く坂道でバックが大変でした。

投稿: おとぼけ | 2008/05/19 23:00

ななさん、こんばんは。
すっかりレスが遅くなって済みません。
トイレの件は、いのうえさんの解説の通りです。
読み辛い表現をして済みませんでした。
そう、この夜は変光星と彗星の位置が近かったので気になった訳なんです。顛末はもうじき書く予定です。
なかなか筆が進まなくて、こちらも済みません。

投稿: フォーマルハウト | 2008/06/01 09:43

いのうえさん、こんばんは。
すっかりレスが遅くなって済みません。
解説ありがとうございました。
今回は移動して失敗だったかも知れません。

投稿: フォーマルハウト | 2008/06/01 09:47

おとぼけさん、こんばんは。
すっかりレスが遅くなって済みません。
復活ではなく、復活したくてあがいている段階です。
まだまだリアルタイムな日記にはなりませんから。
標準レンズの画角であれば、えいやで導入はさして難しい事ではないですよ。

投稿: フォーマルハウト | 2008/06/01 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/41229917

この記事へのトラックバック一覧です: 星空彷徨記(2008GW編其乃一):

« 世田谷区教育センタープラネタリウム | トップページ | 星空彷徨記(2008GW編其乃二) »