« 星空彷徨記(2008GW編其乃一) | トップページ | 日課の中で »

2008/05/11

星空彷徨記(2008GW編其乃二)

休憩施設の辺りは,流石に大台ケ原駐車場よりはしのぎ易い寒さだった。

休憩施設
写真は,5月1日早朝,起き抜けに撮影したもの。

勿論、この看板の通り、ここも国立公園内であるから火気厳禁、アイドリング禁止である。

看板

車には霜も降りておらず、この時期としては暖かだったものと思われる。
駐車中の自車

折角ここまで来たのだから、大台ケ原駐車場の風景も撮影しておこうと思い、再び登り始めた。
近隣の山々

既に山桜も盛りを過ぎている。
山桜

途中、雲海が見えた。
雲海
昨夜はあれが駐車場まで上がって来ていたのかも知れないな。

そうこうする内に駐車場入り口に到着。

大台ケ原駐車場

空の方は,やはり今一。
多分あの雲が去った後も一晩中こんなだったに違いない。
空の色

西側の土産物売り場。
右端に写っているのが,昨夜一晩中明かりが点いていた,夜中も使える方のトイレ。
土産物売り場

こちらは東側り土産物売り場。
土産物売り場
こっちの前にある自販機すら,購入時しか明かりが点かないのになぁ。勿体ない。
大台荘
こちらは大台荘の入口。一度だけ泊まった事があったっけ。

さて,懐かしさもあるが,いつまで居ても仕方がないので,下山開始。少し降りた所で,鹿の群れに出会う。

鹿の群れ
昨夜下山した時も,少なくとも5つ程度の群れに出くわした。実は昨夕,大台ケ原の管理を委託されていると言う団体の人から,鹿の群れは昨年秋,大量に間引いたと言う話を聞いていたのだが,実際は今でも随分沢山残っているようだ。

R169を少し走ると大迫ダムが見えてくる。
このダムは昨日も放流を行っていた。

大迫ダムの放流
大迫貯水池側は静かなものだ。
大迫ダムのダム湖
少し下ると不動窟と言うのが見えて来る。
大台ケ原への往復の際,何度も見ているのだが,ここで停車したのは初めてだ。
不動窟
尤も,洞窟を見るためではなく,少し風景を見るために路肩が空いている場所を探していたら,たまたまここが停めやすかったと言うだけなのだが。
渓谷
この辺りの吉野川はまだまだ狭く、水量も少ない。
渓谷
谷間にはまだ朝霧が少し残っているようだ。
新緑の岩場
上に目を向けると岩場を覆う新緑が眩しい。

更にR169を下り,大滝ダムに至る。

大滝ダム
そして大滝の,吉野川が大きく蛇行するポイントにある大岩。
岩
この後,カーナビに目的地を入れて見ると,どうやら針テラスに戻るより近い道があるようだ。

案内に従って西に向かう。
結局南阪奈道の葛城ICに案内され,そこからは高速道路に。
美原JCから阪和道→阪神高速へと走り,池田で中国縦貫道に乗る。神戸JCで山陽道へ。
どこへ向かっているかって?
今宵は実家に泊まる予定である。しかし直接向かうつもりはない。
折角ここまで来たら,リニューアルされた倉敷科学センターを見ないで帰る訳にも行くまい。
流石にちょっと疲れたので,竜野西SAで早めの昼食を摂った後,少しだけゆっくりする。
そしてまたスタート。
倉敷JCから瀬戸中央道に入り水島ICを降りる。
現着は13時少し過ぎていたかな。

駐車場に車を置いて入口に向かうと、途中にこの宇宙桜がある。

宇宙桜
確か昨年も紹介したかも知れない。記憶とは曖昧なものだ。
ちなみに,このような紹介文が添えられている。
宇宙桜

取り敢えず,展示室の入場券とプラネタリウムの券を購入し,まずは展示室へ。
遊びながら体験できる数々の展示物も興味深いが、子供が多かったので写真撮影は止めにした。

今回の目的の一つは、新設されたティアスターの見学だ。

ティアスターの展示
一個一個はそれなりの大きさのはずなのだが,全体を俯瞰してしまうと,思いの外小さく感じられる。
ここは何故か子供達には人気が無い様で,僕以外は何れも大人のカップルであった。
人が少ないので撮影はやりやすい。
と思ったのも束の間で,ISO1600+手振れ補正ONでも,プログラムモードのままではブレてしまう。
明るい星には丁寧に極自然な色付けがなされていて美しいのだが,手振れした上にやや露出オーバーでは表現しようもない。
ティアスターの展示
これはオリオン座の部分なのだが,撮影は大失敗である。
科学センターを出た後に思いついたのだが,シャッタースピード優先モードで露出アンダーの写真を何枚も撮って,ステライメージでコンポジットすれば良かったのだ。悔やんでも後の祭りだった。
こちらは,コメットハンターの神様,故本田実さんの展示コーナー。
本田実さんの遺品展示
ここも変えたのかな。前来た時より随分と格好良く展示されている様な気がする。
コメットシーカー

写真儀
良い展示物ばかりでは有るが、流石に2時間潰すのは難しい。
この後,オムニマックスの券も買う。
子供向け番組ではあるが,まずまず楽しめた。
続いてプラネタリウム。こちらもなかなか良い。
特にかぐやの撮影した映像。他のプラネでも見たけど,ここのがピカ一だったように思える。後でアニリン氏に聞いたが,これ,からけんさん所で編集した映像なんやね。流石。。

プラネタリウムが終わった後、やっとアニリン氏と会話する事が出来た。そろそろ閉館時間にも拘らず,4D2Uを見せてくれると言う。
ソフトは国立天文台が配布しているフリーソフトmitakaなのだが,パソコン2台リンクし,初期設定して走らせると3次元で動かせると言うのがミソ。偏光メガネで見ると、なるほどこれは凄い!!
ゲームパッドでぐりぐり動かせるし,正確なデータが入っているので迫力も倍増だ。
投影スクリーンが高いと言う話を聞いているが,自宅にも構築してみたい気がする(とてもそんなお金は無いのだが)。
定時を過ぎて尚,お付き合い下さったアニリン氏には感謝。
わざわざ倉敷に立ち寄った甲斐はあった。

黄昏の倉敷科学センター
夕暮れの科学館を後にし,実家へと戻った。
何度目かの心臓のカテーテルによる手術を受ける予定だったはずの親父は,何だかまた手術の予定が延びたそうで,普通に元気にしていた。天気が良ければ2晩ほど留まって,一晩は八塔寺に行く予定にしていたが,天気は下り坂だ。
雨では仕方ないので翌日移動開始する事にした。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト

|

« 星空彷徨記(2008GW編其乃一) | トップページ | 日課の中で »

コメント

大台ケ原、美しいとろこですね。川の流れを見ると、魚がいるかなって思ってしまいました。ダムの放流も美しい。梅雨に入っちゃったから、当分星空がおがめませんね。

投稿: みぃとろ | 2008/06/02 23:06

みぃとろさん,こんばんは。
コメントありがとうございます。
多分魚は沢山いると思いますよ。
水はとても綺麗です。
気が滅入りますよね,もう梅雨入りとは。
今年は本当に晴天に恵まれませんね。
土日狙い撃ちで悪天候だから、休みがカレンダー通りのサラリーマンには厳しいです。
(一ヶ月近く前の日記を更新中なのも何だかなぁ,ではありますが。)

投稿: フォーマルハウト | 2008/06/03 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/41400176

この記事へのトラックバック一覧です: 星空彷徨記(2008GW編其乃二):

« 星空彷徨記(2008GW編其乃一) | トップページ | 日課の中で »