« プラトーさとみ | トップページ | 坂戸児童センター »

2007/07/14

千葉の城

7月8日(日)、マイミクのつき子さんのブログで紹介されていた千葉城に行って見た。全国に3つ有ると言うお城の中のプラネタリウムの一つを見るためである。

千葉城郷土博物館

7月末には無くなってしまうと言うので、それまでに見ておこうと思ったのだった。

お城の中のプラネタリウム、その一つ、藤橋城は前世紀の終わりの数年、FSPACE東海オフで通い詰めた場所である。ダムの建設が始まり、西美濃天文台の宿舎が接収され、オフが無くなってからは行っていない。もう一つは四国にあるらしいが、まだ行った事はない。

城の外には、そろそろ盛りを過ぎた紫陽花が、それでもまだまだとばかりに咲いている。

紫陽花

本当は天守閣は無かったらしいのだが、郷土博物館として建設されたものらしい。
どうも藤橋城の生い立ちに似ている気がするのは僕だけか。
千葉城郷土博物館

免震構造になっていると言うのも、40年前にはきっと画期的なことだったんだろう。
動く城

ちゃんと時間を調べて行けば良かったんだが、何せ例によって会社に立ち寄った後だったので、ろくろく考えても見なかった。14時15分頃に入館したので、15時45分開始の回まで待つことになってしまった。展示物もそれなりに確りしたものなのだが、1階から3階まで回っても、1時間半も時間をつぶせるものではない。
展示された古星図

撮影後、「場内撮影禁止」の札を発見。しまった!!(良い子は真似しない様に)
結局あちこち電話したり、メール打ったり、mixiに書き込んだり。
電話やメールを受けた方々、暇潰しに付き合わせてごめんなさい。
そうこうする内に時間となり、やっとご本尊にお目にかかる事が出来た。
五藤製のプラネタリウム

投影はマニュアルで、生解説。好感の持てるものだった。
近くの席で大いびきをかいている人も居た様だが。
投影終了後、五階の展望室に上がり、一回り周囲を眺めてから、バスで千葉駅へ。
そのまま秋葉原経由で帰宅した。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト

|

« プラトーさとみ | トップページ | 坂戸児童センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/15761383

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉の城:

« プラトーさとみ | トップページ | 坂戸児童センター »