« ツァイス&メガスターII | トップページ | 如是公民館+如是小学校観望会 »

2007/03/21

argoさん追悼小惑星Namiki観測オフ

3月17日(土)~18日(日)、スターフォレスト御園で開催された題記のオフラインミーティングに参加してきた。
寒かったが、一晩中素晴らしい快晴となり、小惑星になったargoさんとも会う事が出来た。
@NIFTY WEB FORUMとしてのFSPACE最後のオフは、argoさんのお導きがあったとしか思えないぐらいの大成功だったと思う。

スターフォレスト御園

(掲載許可が頂けたので、小惑星「Namiki」の写真追加)

前日のメガスターIIが素晴らしく、中々寝付けなかったため、出発時は完全な寝不足だった。
11時に自宅を出発。途中、吹田SAで給油、菩提寺PAで1時間程仮眠と言う具合で遅々として進まなかったので、この後一気に上郷SAまで走った。
豊川ICを降り、そのままノンストップでスターフォレスト御園へ。駐車場で小出君とグラちゃんに会う。
双眼鏡・望遠鏡サミットの時と同じく、車を中に入れさせて貰った。良く晴れている。本当に抜けるような青空だ。
機材の準備を始めている人達もいる。
やぁ。さんだ。本当にお久しぶり。
服部さんは既に10cmフローライト双眼望遠鏡を出していた。
OBN氏一家と数人が服部さんの双眼望遠鏡を囲んでいる。
ブドリさんと橋本さんはフジノン15cmを出し始めた。
僕はPSTを出して、まずは太陽を見始める。が、そろそろ屋根に近くなり、陽炎が立ち始めていた。
PSTは翌朝じっくり見て貰う事にして、Ninja-400を組んだ。
一番建屋に近い場所にはnekosanが陣取る。ミードの25cmドブと昔懐かしい五藤光学のマークXが並ぶ。

皆が集まる食堂にはargoさんの遺影が飾られた。

argoさんの遺影

モニターが用意され、夕飯の閒、生前のargoさんが自宅で開いていた忘年会や新年会の様子を撮影したビデオが流されていた。
その後、小惑星「Obayashiarata」(数年前、やはり孤独死された元サブシスのネコロンボさんの本名,argoさんが命名した)をご本人の機材で観測し、ご両親にお見せすると言う企画の報道ビデオも流された。この企画はargoさんが進めていたものをアニリン君が引き継いで実現させたものだそうだ。一頻りビデオを見た所で、そろそろ外の様子が気になる。

今回最大の目的である小惑星「Namiki」は、21時を過ぎないと上って来ないらしい。そこで、60cmで導入されるまではと、外に出てNinja-400を動かし始める。
未だ辺りは完全に暗くなった訳ではないが、既に冬の銀河がこれでもかと言うぐらいくっきりとおおいぬ座の脇を超えて見えている。
まずはM42+M43。M43のくちばしやM42の羽根の拡がり・構造がはっきり見える。200倍でトラペジウムが5つまでしか分離しておらず、シンチレーションは悪そうだ。だが透明度は素晴らしい。しかし、運転疲れが残っていて中々思うようには導入出来ない。
この日はメシエマラソンするつもりは毛頭無かったが、橋本さんにM1,M97,M106を導入して頂く羽目になる。
お恥ずかしい限りである(_ _;。
気を取り直してNGC2244+NGC2237(バラ星雲)を見て貰う事にする。勿論O3フィルター付きである。Ninja-400+Nagler TYPE5 31mmの組み合わせでは、実視界1°25′程度なので、バラ星雲のような大きな星雲ははみ出してしまう。はっきり見えてはいるが、認識して貰うのは至難の業だ。
透明度はまずまず良さそうだし、NGC2024(オリオンの燃える木)も割合良く見えていたので、次はHβフィルターをつけて馬頭状星雲に挑戦。僕にははっきり見えたが、淡く拡がった天体を見慣れていない人には難しかったようだ。見えなかったと言う人も多かった。
この後、M81+M82,M108,M104と言った所を見ている内に、60cmの方が小惑星Namikiを捉えたようだ。
部屋の中に入ると、ドームの中に余り多くの人が入るとシンチレーションが悪くなるので5~6人で入れ替わりで見るとの事。
こちらは順番待ちの間、あまりに寒いのでアルコールを入れて暖をとっている人達。

歓談中

その内、最初の順番が回ってきた。鏡筒裏に貼られた星図を頼りに目を凝らしてみるが、中々見えてこない。そらし目にすると、時折それらしい暗い点が見え隠れするのだが、確信が持てない。これならさっきの馬頭状星雲の方が、まだ見やすかった。残念だが、暫く頑張ってもその程度の見え方だったので、諦めて交代する。
暫くまた外でNinja-400を操った。NGC4490+NGC4485,NGC4565を見た後、そろそろ上ってきたM3,M13(+NGC6207),M92と言ったメジャー所の球状星団を見ていると、建屋の方から「さっきより見やすくなったよ」と声がかった。もう一度挑戦だ。
暫く待ち時間があったが、自分の番が回ってきた時、今度はあっさりと見えた。高度が高くなって、シンチレーションが安定してきたための様だ。
argoさん、これで間違いなく再会だね。
argoさんの星

上の写真は当日、スターフォレスト御園のスタッフの方が撮影された小惑星「Namiki」である。
あんまり占有すると順番待ちしている他の人に悪いので、少しだけ目に焼き付けて接眼部から離れた。
小惑星「Namiki」であるが、先週の友の会例会での約束通り、この夜、西はりま天文台のなゆた望遠鏡(国内最大:口径2m)でも撮影して下さっていた。ここをクリックするとその画像に飛ぶ事が出来る。

相変わらず目の調子は悪いが、Ninja-400での観望を再開。食堂にいる人達に「高度上がってきたからM51でも見ない?」と声を掛けたら、何人かは僕が小惑星Namikiの順番待ちをしている間に、服部さんに導入して貰って見たのだそうだ。良かったよって言われたら、心穏やかではない。これは是非とも自分のアイピースで自分で導入せにゃならん。
と言う訳で、早速M51をと思ったら、M101見せてと声が掛かった。早々導入してみる。150倍で、視野一杯に拡がる淡い腕。何とか渦を巻いているのが判る。
そしてM51。確かに素晴らしい。やはり150倍にしてみると、はっきりと渦を巻いているのが判り、一方の腕が伴星雲に達している事や、伴星雲が意外に拡がっている事も判った。3年前だったか、大江山でもっと凄いM51を見た経験があるので、これが最高とは言えなかったが、覗いた方々には納得して頂けたようだ。
西に傾いたししの尾のM65+M66+NGC3628も見てみる。まあまずまずと言う所だ。
そして再びM104。ソンブレロの光芒がはっきりして、すぱっと切れた暗黒帯の下の光芒も良く見える。実に美しい。
NGC4038+4039(アンテナ銀河.触覚銀河とも言う)は、南中前後では触覚の部分もうっすら見えたが、西に傾くと僅かに残る名古屋方面の光害に阻まれて見えなくなってしまった。
もう一度NGC4565(天頂近くにいるので、これも素晴らしい見物だった)を見た後、M64(黒目星雲)へ。暗黒帯がはっきりと見えている。
からす座の惑星状星雲NGC4361は比較的明るくて大きい割に特徴があまり感じられない。中心星はくっきり見えた。
M4は、やっぱりどう見ても密集した散開星団ぽく見える。

明け方、山の端から上ってきたばかりのはくちょう座が綺麗だったので、ちょっと撮影。

明け方のはくちょう座
----------------------------------------------
カメラ機種:Canon EOS Kiss Digital N
使用レンズ:Ai NIKKOR 35mmF1.4
撮影日時 :2007/03/18 3:00:46
露出時間 :2min35s
絞り数値 :2.8
ISO感度  :800
----------------------------------------------
カメラ機種:Canon EOS Kiss Digital N
使用レンズ:Ai NIKKOR 35mmF1.4
撮影日時 :2007/03/18 3:12:51
露出時間 :1min03s
絞り数値 :2.8
ISO感度  :800
----------------------------------------------
備  考 :上記2枚のデータをコンポジット後、
      カラーバランス,トーンカーブ調整。
----------------------------------------------
この写真、偶然にも発見2日後のはくちょう座新星が写っていた。
はくちょう座新星

ついでにNinja-400でNGC6992,NGC6960(網状星雲)。高度がまだまだ低いが、O3フィルターで細かい繊維状の構造が既に判る。
かなり右に筒を振って、M16,M17,M8。M20には向けなかった。M8のすぐ側だから見とけば良かったかな。

次に撮影したのはさそり座と木星。

明け方のさそり座
----------------------------------------------
カメラ機種:Canon EOS Kiss Digital N
使用レンズ:Ai NIKKOR 35mmF1.4
撮影日時 :2007/03/18 3:15:12
露出時間 :3min22s
絞り数値 :2.8
ISO感度  :800
----------------------------------------------
カラーバランス,トーンカーブ調整。
----------------------------------------------
こちらは残念ながら、2つの新星は未だ山の端から出て来ていなかった。
その後、一旦食堂に戻ったものの、眠いのでバンガローに移動。
床についたのが午前4時。
しかし寒くて中々寝付けなかった。

翌朝、7時半には目が覚める。
寝ぼけた目のまま望遠鏡を撮影したが、どうも設定を何かしら弄っていた様で露出もピントも合わない。
ピンボケで露出オーバーだが、何とか調整出来たものだけアップする。

翌朝

この後朝食をとってから、Ninja-400等の機材は撤収し、PSTのみ出して、太陽のプロミネンスを見て貰う。

前回の東海新年会の時と同様、セルフタイマーでオートフォーカスが効かず、集合写真も全てアウト。
手動で撮ったこれだけが少しマシだったぐらいだ。

翌朝

でも、夕べこれだけ晴れたんだから良しとしよう。
argoさん、本当にありがとう。
そして幹事グループの方々と、参加者全員にありがとう。
スターフォレスト御園のスタッフの皆さんにも感謝します。
また観望会をやりたいね。
願わくばこんな素晴らしい星空の下で。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト


|

« ツァイス&メガスターII | トップページ | 如是公民館+如是小学校観望会 »

コメント

お帰りなさい。>誰に?我ながら意味深(笑)

あれから5ヶ月ですね。
何度か東京に行ったり、通過したりしているのに
地図ももらっているのに、お墓参りにも行けずに
います。argoさん>ごめんなさい。

今回も逢いに行けませんでした。
本当は行きたかったのですが、公私共々超多忙状態
だったので、参加表明していたとしてもドタキャン
することになったでしょう。
幹事の人たちに迷惑を掛けるだけだったので、残念
ですが、参加表明せずでよかったのだと思っています。

ニフティも、もうすぐ終わりですね。
フォーマルさんのことも始め、色々と寂しくなります。

投稿: イーデンレーニア | 2007/03/21 21:57

<追伸>
もしかしてオレが行かなかったから晴れたのかな?
と思うと、少し凹みそう・・・

投稿: イーデンレーニア | 2007/03/21 21:59

なんてすてきな写真。灯りのともるスターフォレスト御園の空にオリオン、ヒアデス、プレアデス。ペルセまで見えているではないの。
すばらしいオフでしたね。いい思い出になりましたね。参加された皆様に感謝、感謝です。

投稿: ako | 2007/03/22 05:27

イーデンレーニアさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
雨男は、確率の問題ですよ。
その内きっと飛んでもない晴れ男になりますって。
それにargoさんも事情は判って下さっていると思います。
気にしない、気にしない(^^)。
オフがある所にやってくるのが僕ですので、関西で何れオフを開いてやってください。

投稿: フォーマルハウト@会社 | 2007/03/23 12:36

AKOさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
オフでは幹事役お疲れ様でした。
お陰様で心に残るオフになったと思います。
本当にありがとうございました。
また星見のオフしたいですね。

投稿: フォーマルハウト@会社 | 2007/03/23 12:39

フォーマルさん、こんばんは。
今夜は、先週とは対照的な天気ですね。
それにしても、良い天気でした。
当分?見れなくなるNinja400で色々見せて貰えて、
ありがとうございました。
まあ、フォーマルさんの事ですから、結構関西や東海
で顔を見ることがあったりして。

そう言えば、MAAさんが5月くらいに大塔でOFFして
欲しいって、言っていましたね。

投稿: いのうえ | 2007/03/24 23:22

いのうえさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
何の、関西には稼働率は低いけどもう一台Ninja-400が有るじゃないですか。
勿論、暫くは身動きし辛いでしょうが、追々東海・関西のオフにも参加して行きますよ。
また宜しくお願いします。

投稿: フォーマルハウト@会社 | 2007/03/27 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/14336096

この記事へのトラックバック一覧です: argoさん追悼小惑星Namiki観測オフ:

« ツァイス&メガスターII | トップページ | 如是公民館+如是小学校観望会 »