« C/2006P1 マックノート彗星 | トップページ | 再び倉敷へ »

2007/01/16

【西はりま】友の会1月例会

1月13日(土)~14日(日)、西はりま天文台公園友の会の1月例会に出席した。
夕方、いわさんと共にマックノート彗星を狙って天文台西側で待機。

夕日
しかし、この日は雲が多く、日没と共に西空全体が雲に覆われてしまったため断念した。

太陽は見えているが、300mmF2.8のレンズを通しても、それほど眩しくない。

夕日
全く残念だ。
だが、この日の例会は晴れた。
室内での行事が終わって、グループ別観望会の時間になる頃には殆ど雲が無くなっていたのだ。
僕は『小さい望遠鏡で星雲星団を探そう』と言うグループに入った。
なゆたで分光器を使って星のスペクトルを見たってつまんないし、60cmで写真と言ってもなぁ。
ところが『小さい望遠鏡で星雲星団を探そう』グループは人気が無くて人が少ない。
仕方ないので許可を貰って、Ninja-400を組んだ。
これだって2mのなゆた望遠鏡や60cmカセグレンに比べれば充分小口径だ。結局他のグループがそれぞれで観測やっている頃、4名程で天文台の影からNinja-400を使って観望していた訳だ。
この日導入したのは、
h-χ,M35,M37,M36,M38,NGC457,M103,M78,M42+M43,M79,
NGC2392,M76,M41,M46,M47,M45,バラ星雲程度だったかな。
『小さい望遠鏡で星雲星団を探そう』グループに参加された奇特な方々にも満足して頂けた様だ。
その後、また雲が掛かってしまい、懇親会へと雪崩れ込んだ。

だが宴も酣の頃、また晴れてきたらしい。
ちょっとだけドームに上がってみる。
どうも完全に良い空と言う訳ではない様だ。
雲も時々かかっているし透明度が今一かな。
見て面白い形の銀河が見たいと思い、NGC4490とNGC4485のペアをクエスト。
りょうけん座β星の近くにある、天体写真で結構有名なあれだ。
覗いてみると、例の重力干渉で出来た、NGC4490の先のシュッと曲がった腕が明瞭に見える。しかもちゃんとNGC4485まで届いて見える。これは面白い。
ちょっと満足して懇親会場に降り、そのままグループ棟に戻った。

翌日は友の会有志の餅つき大会だった。
一昨年は参加して楽しかったが、去年は出席できず、残念な思いをした。だから、今年は絶対に都合付けるぞと思っていた。念願適ってかなり嬉しい。
だが餅つきを楽しみにしていたのは僕ばかりではなかった様だ。
いわさん、気合い入り過ぎでちょっと怖いよ(^^;。

気合い充分1


気合い充分2


気合い充分3


僕は更に気合いが入り過ぎたのか、一臼目で鼻血が止まらなくなり、ティッシュを鼻に突っ込んだままうろうろしていた(^^;。

森本おじさんもお餅つき。とてもご高齢とは思えない力強さ。

森本おじさんのお餅つき

ちなみに辰巳君が携帯電話で動画を撮っていたので、見たい方はこちらをどうぞ。
次は戸次さんの息子さん。
だんだん体格が大きくなって、がっちりしてきた様な。
しょうた君

お名前を存じ上げなくて申し訳ありませんが会員さんお三方。
一人目


二人目


三人目

最後はいわさんが力強くつき上げた。
仕上げ

今年のは良くつけていて美味しいね。
美味しいね

北館では皆、つきたてのお餅をそれぞれ楽しんでいる。
皆食事中

それにしても大根は美味しい。
大根おろし、大根汁、何れも美味しく出来ていて次々と食べてしまう。ちょっと多過ぎの様な気もするけどね。>ぺがすすさん
こちらはお餅を堪能中の太井君と辰巳君。
皆食事中

内藤研究員も餅つきに参加。案外上手いかも知れない。
横山氏は、ついた臼全てで返し手を担当。
普段は長老がやらせてくれないと言っていたが、なんの、流石に上手いもんだ。
内藤研究員餅つき中

女の子も参加。流石に辛そう。杵の落下点が安定しない。
頑張れ頑張れ

息子さんと横山氏の親子鷹餅つき。息はぴったり。
親子鷹

石田台長も参加だ。
台長餅つき中

今度は横山氏のお嬢ちゃんと奥さん。
再び親子鷹

最後は鳴沢主任研究員の娘さんと奥さんが締めくくり。
親子鷹

やっぱり餅つきは楽しいし、美味しいね。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト

|

« C/2006P1 マックノート彗星 | トップページ | 再び倉敷へ »

コメント

西播磨天文台はやっぱりすごい人気のようで第二希望でした。

投稿: おとぼけ | 2007/02/04 12:19

おとぼけさん、こんばんは。
宿泊を考えないのでしたら、観望会のイベントに参加する手もありますし、グループ棟の大部屋になりますが、友の会の例会への参加なら、宿泊可能な上になゆた望遠鏡を覗く機会も増えますよ。

投稿: フォーマルハウト | 2007/02/05 05:32

残念ながら近くでいつも申し込んでる観望会は今年度は早めに終了で昨年はずれたオリオン大星雲の会は1月の月曜日で応募断念でした。
あとは花山天文台のイベントですがすでに2回当選しているので次は難しいようです。

関西のイベントはフォーマルハウトさんに尋ねるといいと教えていただいてはいましたが電車でいけるところを目指しているので厳しそうで夏休みならと年に一度のチャレンジです。

友の会はちょっとついていけそうにないかと(^^;
いろいろありがとうございます。

投稿: おとぼけ | 2007/02/05 23:35

青春18切符が安いときくとやっぱり電車でどこかと欲が出るのでした。
宿泊なしで検討してみます。
加古川はいかがでしょうか。

投稿: おとぼけ | 2007/02/10 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/13781354

この記事へのトラックバック一覧です: 【西はりま】友の会1月例会:

» 餅つき [COMPAS]
西播磨天文台友の会1月例会の恒例の餅つきがありました。 これは、終わって道具を [続きを読む]

受信: 2007/02/09 09:05

» 14日夕刻 マックノート彗星見えました [COMPAS]
西播磨天文台から帰宅したら、16時。 西空は雲が多いです。透明度も良くありません [続きを読む]

受信: 2007/02/09 09:07

« C/2006P1 マックノート彗星 | トップページ | 再び倉敷へ »