« 猪名川天文台 | トップページ | 謹賀新年2007(丁亥) »

2006/12/24

【西はりま】冬の大観望会

12月23日(土)、今年も西はりま天文台公園の冬の大観望会に参加してきた。

天文台と月
表紙の写真は西はりま天文台北館に沈む月。

冬の大観望会『星の都のキャンドルナイトWinter2006』は、一日遅れではあるが百万人のキャンドルナイト協賛事業である。
天文台へと続く階段を下から見上げるとこんな感じ。雪が積もった昨年とはまた趣が異なる。

キャンドルに照らされる階段1

こう言ったキャンドルの準備は天文台の職員さん方の他、我々友の会会員もお手伝いしている。
キャンドルに照らされる階段2

いずれの写真でも、ドーム近くに輝いている1等星はフォーマルハウトだ(僕ではない(^^;)。
北館の1回ロビーのテーブルにも蝋燭が飾ってあった。
卓上の燭台

天気の方は、残念ながら講演を聴いている内に崩れてきて、なゆた望遠鏡による観望会の頃には晴れ間を探すのに困るほどだった。
トラペジウムを見た後は、専らテラスに置かれた古式ゆかしいドブソニアンの25cmオデッセイで遊んでいた。
このオデッセイ、操作性ときたら最悪で、20数年を隔てて最近発売になった国際光器のホワイティドブとは雲泥の差だ。
2インチアイピースは使えないし等倍ファインダーもない。
加えて水平軸のベアリングがもうだめの様だ。
垂直軸もガタガタだし。
それでも結構面白い。
暫く格闘してM37とM42,スバルぐらいは導入できた。
こう考えるとNinjaにしろOMEGAにしろ、最近のメーカー製ドフは本当に良くなったんだなぁと実感する。
この後、友の会の宴会に参加。何と日本酒高々2杯で轟沈する。
疲れていたんだなぁ。
宴会終了時に起こされて、そのままグループ棟に移動し、また泥の様に眠る。
翌朝、風邪も治り、すっきりと目覚めることができた。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト

P.S.
この日、西はりまの売店「トウィンクル」にて鳴沢研究員の著書「137億光年のヒトミ-地球外知的生命の謎を追う」を購入した。
鳴沢氏の生い立ちやOSETIに至った経緯が描かれている。
左側のメニューバーのアフェリエイトメニューにも登録してあるので、気になる方はご一読のほどを。

|

« 猪名川天文台 | トップページ | 謹賀新年2007(丁亥) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/13328512

この記事へのトラックバック一覧です: 【西はりま】冬の大観望会:

» 西はりま冬の大観望会 [Fomalhaut]
12月23日、西はりま天文台公園で開かれた「冬の大観望会」に参加してきました。 [続きを読む]

受信: 2007/01/04 10:58

« 猪名川天文台 | トップページ | 謹賀新年2007(丁亥) »