« 鶴姫公園 | トップページ | 梅雨が来る前に »

2006/06/03

銘菓プラネタリューム

5月27日(土)夕方、大阪都島にある千成一茶と言う店を訪ねた。
目的はメガ友さんでマイミクさんでもある湯どうふスープさんから何度もお聞きしている、「大阪銘菓プラネタリューム」。

銘菓プラネタリューム
何でも昔は電気科学館でも売られていたお土産で、あの手塚治虫氏も好きだった銘菓らしい。
恥ずかしながら、大阪のすぐ近くに住みながら、僕は最近お聞きするまでこの銘菓の存在を知らなかった。

14時までは仕事。そして車のオイル交換。気がつけば16時30分だった。この店は既にあちこちのホームページで取り上げられている。
それらの記述によれば、日曜祝日は休み、平日18時までの営業となっている。
間に合うとは思ったが、とにかく車を駐車場に戻し、JRに乗り換える。JR大阪駅から東梅田駅へ移動、地下鉄谷町線に乗り換えて都島に向かった。地上にあがって見たが方向が判らない。
案内板を探して、こっちだろうと角を曲がって歩き始める。
1分もしない内に歩道の電柱に小さな看板「千成一茶」を見つけた。

千成一茶の店舗
思いの外、控えめな店舗。
到着が遅かったので、既にシャッターのレールが取り付けられている。店に入ると誰もいない。店内に入ってまず目が行ったのが、ショーケースに置かれた目的の銘菓「プラネタリューム」。
ショーケースの中の銘菓
「こんにちは」と声を掛けると奥さんらしき方が出てきた。
早速「プラネタリューム」を注文する。
すると千成もなかも如何ですか?混ぜて詰め合わせ致しますよとの事。それは丁重にお断りする。
ばら売りもしている
なるほど、ばら売りもしているんだ。
詰め合わせにしても、カウンター奥から箱を取り出して、その場で詰めあせて梱包しておられる。
結構古い店ではよく見かけるスタイル。
ちょっとお断りして許可を戴き、店内を撮影させて頂いた。
店内の様子1
カウンターの横には掛軸が掛けられている。
店内の様子2
反対側には色々飾ってある。
築50年以上も経過していてお恥ずかしい限りですとは、対応して下さった奥さんの弁であるが、なかなかどうして、雰囲気のある店舗だと思った。

ちなみに冒頭の写真も含め、「プラネタリューム」の写真は全て撮影用に購入したもので、メガ友さんに持って行ったものではない。こちらは梱包された状態。

包み
こちらは中身。
中身
こちらは、中に入っている栞。
栞

栞
翌日、撮影した銘菓「プラネタリューム」を手土産にK光器に出かけた。昔K栄産業にいたK山さん担当の日だった。 流石ベテランだけの事はあり、「ああ、あれね。」と一言。 知っている人は知っている。(お前が知らない方がおかしいと言われそうだ。)星だけ追いかけ回していると他の事が判らなくなるもんだ。もっと視野を広げよう。

5月30日(火)、東京への出張に絡めてメガ友の皆さんにお会いし、「プラネタリューム」を手渡す事が出来た。
湯どうふスープさん、やまとたいしさん、モッケさん、迎撃ありがとう(^^)。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト

|

« 鶴姫公園 | トップページ | 梅雨が来る前に »

コメント

そういえばツアイスV型の土星って輪が付いてるんだよな
っていうか、惑星は望遠鏡で拡大された形で投影される
んだよね。
今は昔のお話で今は建物さえも有りません。
投影機はどこかに保管されてるらしいですが。

投稿: 矢萩 | 2006/06/03 14:46

なぜここでプラネタリュームって名前を付けられたんでしょうね??
でも宇宙時代の味ってネーミングが良いですねw
古き良き銘菓店はまだまだ多くて、入って見るの
楽しいですねww

投稿: 氷室 静 | 2006/06/03 23:00

何度もお聞かせ(おねだりとも言う)しちゃった湯どうふです。
わざわざお持ちいただいて恐縮でございます。m(_ _)m
可能な限り幅広く配付して、皆有難く頂きました。
レトロなデザイン、素朴で懐しい風味に加え
お店そのものも良い味出してる!ますます愛せる銘菓です☆彡

投稿: 湯どうふスープ | 2006/06/04 02:32

コメントありがとうございます。
矢萩さん:
旧大阪市立電気科学館のツァイスでしたら、現在は大阪市立科学館のプラネタリウム出口に展示されています。
仰る通り、ツァイス製のは惑星の形が投影されるようですね。
旧東独カール・ツァイス・イェナ製ですが、明石市立天文科学館で見る事が出来ます。
懐かしい形の機械で、星像も懐かしい感じがしますね。

投稿: フォーマルハウト | 2006/06/04 08:53

コメントありがとうございます。
氷室さん:
この銘菓は、元々電気科学館用に作られたもののようです。
自分では確認していませんが、どうも今では大阪市立科学館では扱われていないようで、残念な事です。

投稿: フォーマルハウト | 2006/06/04 08:58

コメントありがとうございます。
湯どうふスープさん:
いえいえ、こちらこそ、わざわざ迎撃オフを開いて頂いて恐縮しております。
宜しかったら、今度は送らせて頂きますよ。
次のオフは、からけんさんの日蝕写真展ですかね。
僕が行けるとしたら、10日か11日辺りが濃厚です。

投稿: フォーマルハウト | 2006/06/04 09:15

ちょっと「千成一茶」で検索してみたら、関西には、他にもいろいろあるようです(^^)。

投稿: いのうえ | 2006/06/04 21:03

こんなお菓子あるんですね!?なんか感動です☆
大阪の都島には友達が住んでるんで家に行ったときはそこのお店によってみます。

投稿: zuka☆ | 2006/06/05 00:00

コメントありがとうございます。
いのうえさん:
あのままではリンク先に飛べないので、ちょっと修正させて頂きました。確かに他にも色々ありそうですね。

投稿: フォーマルハウト | 2006/06/05 07:19

コメントありがとうございます。
ZUKA☆さん:
地下鉄谷町線都島駅の近くですが、周囲の店より地味なので見つけにくいかも知れません。
ばら売りもしているので一度寄ってみてね。

投稿: フォーマルハウト | 2006/06/05 07:24

こんばんは、ここには初めてお邪魔します。
銘菓プラネタリューム、おっとりした雰囲気で美味しそうですね。私も見つけにいこうと思います。旧電気科学館、四ツ橋に有ったときに一度行った事があります。今はオリックスの建物ですが、最上階にドーム状の構造物があります。
生前の手塚治虫氏にもSF大会でお会いしたことがあります。とても優しそうな雰囲気の方でしたよ。

投稿: KICHI | 2006/06/05 20:03

KICHIさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
僕は電気科学館には行った事がないので、羨ましく思います。
西播に住んでいた少年時代から後の長い間、僕にとってのプラネタリウムは明石市立天文科学館のツァイスでした。暫くプラネタリウムに興味を失い、再びプラネタリウムに行こうと思った時には既に電気科学館はなく大阪市立科学館でした。
手塚治虫先生に会われた事があるというのも大変羨ましく思います。漫画家さんで、僕が会った事があるのは松本零士先生ぐらいのものです(これはこれで、滅っ茶嬉しかったんですけど)。

投稿: フォーマルハウト | 2006/06/05 22:02

他にもいろいろへいってきました。
おかげでどんなお味?がわかった気がしました。
なかなかおいしそうです。

投稿: おとぼけ | 2006/06/05 22:11

コメントありがとうございます。
おとぼけさん:
なかなか良い感じでしょ?多分僕のレポートよりいのうえさんのリンク先の方が分かり易いだろうと思います。元々参考にさせて頂いた場所でもありますし。その他色々の方にはまだ実際には行き当たっていないので、その内レポートしたいなと思います。

投稿: フォーマルハウト | 2006/06/06 00:42

先日はたいしたおもてなしもできず、失礼しました。
私もご相伴にあずかり、大変美味しかったです。ありがとうございました。

>次のオフは、からけんさんの日蝕写真展ですかね。
>僕が行けるとしたら、10日か11日辺りが濃厚です。

10日でしたら、某ツアーもありますし、誰か
しらといると思います。

投稿: やまとたいし | 2006/06/06 01:13

コメントありがとうございます。
やまとたいしさん:
レスが遅れて済みません。
できる限り10日の昼には会場に着いていようと思っています。宜しくお願いいたします。

投稿: フォーマルハウト@会社 | 2006/06/07 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/10372708

この記事へのトラックバック一覧です: 銘菓プラネタリューム:

« 鶴姫公園 | トップページ | 梅雨が来る前に »