« FSPACE東海新年会2006 | トップページ | 星空彷徨記(其之二) »

2006/03/06

星空彷徨記(其之一)

ポイマンスキー彗星(C/2006A1)は今年最初に発見された彗星。
この彗星の撮影チャンスは、そう無さそうである。
この週末は恐らく僕にとって最初で最後のチャンス。
そう考えていた。
3月3日(金)、夕方の尼崎の空はこんな感じ。

尼崎の夕暮れ

果たして晴れるのか?

18時には帰宅し、各地の天気を調べ始める。
友人達にも電話をかけ、何処が良いのか検討する。
桝井さんは、豊富な観測地のデータをお持ちであるが、護摩山タワーが良いのではないかとのご意見だった。
ちゃっきりさんは土曜日に猪名川天文台に行くという。いのうえさんには電話が繋がらず残念。
流石に金曜夜に出かけようという人は誰もいない。ではあるが、僕には時間がない。折角晴れる予報である。行かない手はない。
しかし、この土曜日しか行けない場所もある。今、倉敷科学センターで開催されている加藤詩乃さんの写真展。来週一杯開催されるが、行く時間が何とか取れそうなのは3月4日だけなのだ。しかも先日、見に行くと約束してしまった。。約束は果たさねばならない。
既に夜中ではあるが、意を決して西に向かう。目指すは今週も大撫山。西はりま天文台公園まで上がらなくても、東天の開けた場所がある。
スピカホールより少し低い位置だが、この夜の観望地は展望テラスに決定した。

現着時には既に夜半を随分回っていた。

大撫山展望テラス

予想通りテラスからは街灯が丸見えだ。低空にはこれまた予想通り、佐用名物の朝霧が拡がり始めている様で、星々も登ってから数分間は光度が上がってこない。
早速、ポタ赤とNinjaをセットする。
展望テラス自体はコンクリート製なので安定感は抜群だ。一人で使う事が前提なら十分で、見た目で感じる以上に広い。
この日、時間つぶしのためにNinjaで見た天体は、

 球状星団 :M3, M13
 系外銀河 :M51 + NGC5195, M101, M104, NGC4490 + NGC4485, M64, M65, M66, NGC3628
 惑星状星雲:M57, NGC4361
 散開星団 :M44
 惑星   :木星, 土星

寒くなってきたので、上下フリースを1枚ずつ着込む。

3;30頃、そろそろ彗星の出ではないかと、双眼鏡での探索を始める。しかし、朝霧は既に厚い。
焦っている間にどんどん時間だけが過ぎて行く。
星の位置関係から、そろそろ見えているはずと、Ai Nikkor 135mm F2 を付けた改造EOSでアルタイルの下辺りを狙う。
だがどうもおかしい。取り終わった後に表示されるプレビューを見ると、星像が膨らんで見える。
念のため、Ai Nikkor 35mm F1.4 に交換して再トライ。やはり星像がおかしい。
カメラを外し、画像を拡大してみると、星像が流れている。
追尾モータの異常?いや、パルスモータが刻む音は正常だ。ん!?ギヤが噛み合っていない?
原因がわかった。モータの固定ボルトが緩み、ギヤ部がずれていたのだ。なんたる初歩的なミス。。。そうこうしている内に、真っ赤な金星が朝霧の中に上ってきた。
そして、ついに双眼鏡で彗星の姿を確認。
Ninjaでは尾も見えている。
気を取り直して35mmレンズのまま撮影再開。
やっと2コマの撮影に成功。
その内の一枚がこれ。

ポイマンスキー彗星

ブログ用に縮小すると尾の長さが分かり難いので、部分的にトリミングしたのがこの画像。
ポイマンスキー彗星

天体写真はクリックすると拡大するので、是非大きな画像で見て欲しい。小振りながら、往年の百武にも似た姿は好感が持てるものだった。

ついでと言っては何だが、折角上がってきた夏の星座も撮影してみた。朝霧によって通常より上方に伸びた光害の影響が酷いが、星座線を入れたバージョンも用意したので、初心者の方にも判って頂けると思う。

まずは南天の代表格、さそり座。

さそり座

星座線を入れるとこんな感じ。
さそり座星座線入り

こちらはいて座と銀河。

いて座

星座線を入れるとこんな感じ。
いて座星座線入り

最後ははくちょう座。

はくちょう座

星座線を入れるとこんな感じ。
はくちょう座星座線入り

気が付けば、オデッセイは氷付け。そりゃそうだ。車載気温計では外気温-4℃。路傍の電光掲示板の表示では-6℃ですぜ。

オデッセイの状態

やがて夜が明けます。

金星と夜景

何処か高速道路のSAででも仮眠を取ろう。機材を撤収して倉敷へ。(続く)

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト


|

« FSPACE東海新年会2006 | トップページ | 星空彷徨記(其之二) »

コメント

綺麗に写ってますねえ。
週末は良い天気だったので、私も行きたかったのですが、、、、予想通り無理でした。

西はりまあたりなら近いので、また誘ってください~。そのうち行けるようになると思うので。

投稿: かい | 2006/03/07 01:03

フォーマルハウトさん、おはようございます(^^)

すごい写真ですねっ!
はじめはどこに尾があるのか全くわからなかったのですが、
部分的にトリミングしてくださった写真をクリックしたら、「。。。。。あっ!」

朝から感動できましたっ(^^)v
ありがとうございます♪

パルスモーター。。。。って天体観測に不可欠のものなのでしょうか。。。

フォーマルハウトさんはなさってることが本当に本格的。天体への愛を感じます。

投稿: まいりん★@当然会社 | 2006/03/07 07:25

私も尾を発見して(笑)おおーっと感動しましたー!
もう夏の星座も顔を見せてくれてるんですね、
春なんですねー♪

ところでふとアクセスカウンタに目をやると、22221!!あーん惜しいー(涙)

投稿: 湯どうふスープ | 2006/03/07 08:31

フォーマルハウトさんが「彷徨い歩いておりました」って、こういうコトだったのね^^
彗星、随分しっぽが長いのですね!お見事です。
朝焼けの写真もスゴク綺麗。。。。。

投稿: みなみ | 2006/03/07 09:20

ポイマンスキー見事に捕らえられていますね。
私も興味はあるのですが、なにぶん寒すぎです。先日も鶴姫に行こうかと思いましたが、寒くて断念。結果、‐6℃だったそうで。。。
活動再開は今月末になりそうです。

投稿: ASTRO-KT | 2006/03/07 23:37

まるでプラネタリウムみたいでした

投稿: 加藤おさむ | 2006/03/08 02:18

たくさんの写真、本当に綺麗ですね。
でも一番素敵なのは、やっぱり彗星。
クリック、拡大、ため息、でございました。

投稿: オーロラ | 2006/03/08 13:22

電話もらったようで、すみませんm(_ _)m。
平日は、家に居る時以外は、電源を切っているもので(^_^;。
やはり、大撫山は少々光害があっても、暗いですね。
長い尾が、良く写っています。
ところで、このタイトル「其之一」ですね。
「其之二」もあるのでしょうか(^^;;。

投稿: いのうえ | 2006/03/08 20:22

コメントありがとうございます。
出張等で疲れています。
纏めレスで済みません。

かいさん:
西はりま天文台公園近くに観望に行く時は、なるべく事前に公表するようにします。またご一緒しましょう。

まいりん★さん:
モータは、星を見るだけなら必要はありませんが、写真を撮る場合には必要になってきます。星空は地球の自転によって日周運動していますから、正確に追いかけてやらねばなりません。電車等に乗っていて、魅力的な看板が見えたら、なるべく長く見るために目や首を動かして追いかけますよね。星を点として捉えるためには、カメラを載せた台にも同じような追尾運動をさせてやる必要があるのです。
正確に動かすために、僕が使っている30年ほど前の台(赤道儀)には時計と同じような水晶発振器とパルスモータがついています。
極軸さえ合っていれば、赤道儀は1つのモータで正確に追尾できるのです。
今回のようにギヤのずれで赤道儀に駆動力が伝わらなかったらダメですけど。

湯どうふスープさん:
そうですね。もう明け方には夏の星座と天の川が上ってきます。
実は22222番は自分で踏んでしまいました(爆)。

みなみさん:
はい、金曜日の西はりまから、土曜日は倉敷を彷徨いました。
更に続きがありますので、なるべく早く書くつもりです。
ステライメージで、撮影した2画像をコンポジットしてみたら、色目が変わってしまいましたが、もう少し尾が
見易くなりましたので、そちらの写真も何れ掲載しますね。

ASTRO-KTさん:
先週末、鶴姫公園は判りませんが、護摩山タワーは曇ってダメだったようです。

加藤おさむさん:
う~む、何と答えて良いやら(^^;。

オーロラさん:
ありがとうございます。そう言って頂けると撮った甲斐が有るというものです。

いのうえさん:
観望場所のご意見を伺おうと思っていたんですが、残念でした。
なるべく早めに「其之二」をアップします(^^;。

今週末は、西はりま天文台公園友の会の3月例会で、また西はりまに行きます。
来週末も、彗星会議に参加するために西はりまに行きます。
どうも最近ずっと西はりまづいているなぁ。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト


投稿: フォーマルハウト@会社 | 2006/03/10 17:29

星座線ありがとうございますのさそり座、他は星座線があっても???です。
天の川はコーヒーの宣伝で見てるのといっしょで以前旅行先で天の川をみた!と喜んでたのとは随分違ってます。すごい夜空を独り占めですね。

参加してみる?といってた例会は友達が市民マラソンのボランティアのため次回またいつかと話してました・・・が会報みるうちやめようかなと思ってました。今回もお天気回復でツイテマスね。問題は下り坂ですが。

投稿: おとぼけ | 2006/03/11 01:11

おとぼけさん、こんばんは。
おぼろ月夜で災難でしたが、何とか部厚い雲を通して土星は見えました。2m使っても15cmマク程度の見え方でしたけどね(^^;。
4月の末には「大江山で星を見る会(春)」もありますよ。
気が向いたらどうぞ。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト


投稿: フォーマルハウト | 2006/03/13 12:10

市民観望会仲間から日帰りじゃないのとやはりパスでした。
また伏見の空を応募します。

投稿: おとぼけ | 2006/03/21 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/8978047

この記事へのトラックバック一覧です: 星空彷徨記(其之一):

« FSPACE東海新年会2006 | トップページ | 星空彷徨記(其之二) »