« 双眼鏡望遠鏡サミット2005 | トップページ | 「満天の星」観望旅行 IN 西はりま »

2005/11/13

大江山で星を見る会 2005秋

会場にて
11月12~13日、「大江山で星を見る会 2005秋」に参加してきました。月が大きいにも関わらず、大盛況でした。
個性的な望遠鏡が集まり、楽しく過ごさせて頂きました。

冒頭に自分のNinja-400の写真を持ってきました。
実は先週のサミットでの酷い夜露でミラーが汚れ放題のままです。
この夜、自前のNinjaで見たのは、

球状星団 :M13, M15, M2
散光星雲 :M42, NGC2234, NGC2024, M78
散開星団 :NGC457, h-χ二重星団, M45, M46
惑星状星雲:M57, NGC6826, NGC2392, M46に重なって見えるNGC2438
系外銀河 :NGC2903
超新星レムナント:NGC6960, NGC6992, M1
惑星   :火星, 土星

程度で、後は他の方の望遠鏡を覗かせて貰っていました。

きりんさん
こちらはご存じ高垣師匠の「きりんさん望遠鏡」。 この日も大活躍でした。 左に写っているのは亀井さん。綾部天文館パオの元館長で、この「大江山で星を見る会」の発起人です。 毎回お世話になっています。
OHZUTSU
この写真は由良さんのOHZUTSU。ここ数年、最も出席率の高い望遠鏡の一台でしょう。 ウルトラスムーズな取り回しは絶品です。
45cm自作機
今回初参加、三重の田中さんの45cmF5自作機。初の自作でこの完成度の高さは凄いと思います。 夜明け前の一時、お断りして使わせて頂きましたが、取り回しも軽快でスムーズ。 良く調整されたファインダーと相俟って導入しやすいこと!! M51 + NGC5195 だけのつもりが、M63, M94, NGC4490 + NGC4485, NGC4424, NGC4449 と、ついついりょうけん座の銀河巡りになってしまい、最後に球状星団M3を導入させて頂きました。 このドブソニアン、バランスに殆ど影響のないスカイサーファー3の様な等倍ファインダーと、トラスカバーがあれば完璧だと思います。
いや、本当に楽しませて頂きました。
良い仕事をされましたね。田中さん。
安田さんのNinja-400
真っ暗闇だと何故かイオスのオートフォーカスが上手く機能しない時があります。少しピンボケになって済みません。 遙々関東から遠征して来られた安田さんのNinja-400です。ちなみに向こうに見えるのが僕のNinja-400です。 今回は2インチ蒼顔ぢゃなかった2インチ双眼装置とディープスカイ教の布教に来られたようです。
安田さんのNinja-400
安田さんのNinjaに装着された状態はこんな感じ。 月が沈んでから、僕のNinja-400とM42の覗き比べをしたのですが、コントラストの高さとグラディエーションの美しさでNinja-400 + 2インチ双眼装置の圧勝でした。 2インチ双眼で使用しているアイピースがNagler type4 22mm で、1.3倍のエクステンダー付きなので、こちらはNagler type4 17mmを付けてほぼ同じぐらいの倍率を確保したのですが、やはり双眼視には敵わないようです。 まるでフィルターが一枚かんでいるようなコントラストの高さには圧倒されました。 勿論、光量自体は減少しています。例えばトラペジウムの5番目の星は、僕の単眼でははっきり見えているけれど、双眼でははっきりしなくなります。でもそんな事はどうでも良いと言い切ります。人間やっぱり両目で見るように出来ているのです。 2インチ双眼装置の威力、恐るべし。
観望会の風景
時間は遡りますが、「きりんさん望遠鏡」を中心とした観望会の様子。ゆったりした雰囲気が判って頂けるでしょうか。
きりんさん双眼!
そこに2インチ双眼装置登場!!
何となく周囲の雰囲気が変わります。
写真は月観望中の由良さん。真剣な眼差しです。
きりんさん+2インチ双眼装置で見た月は不思議な立体感を伴った、妙に艶めかしい姿でした。 また月没間近に見たM42のコントラストと言ったら、素晴らしいの一言でしたね。 先週の双眼鏡・望遠鏡サミットにも参加されていた勝原さんのミード178EDアポクロマートZ型仕様との組み合わせでも、M42の素晴らしい像を見せて頂きました。
良いなぁ。2インチ双眼装置。
会社と自分自身の身の上が安定したら、検討してみたい対象です。
当分はお預けですねぇ。

他にも個性的で素晴らしい望遠鏡が多数あったのですが、残念ながら全てを紹介できるほど歩き回る事が出来ませんでした。
済みません。

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト


|

« 双眼鏡望遠鏡サミット2005 | トップページ | 「満天の星」観望旅行 IN 西はりま »

コメント

本当にフォーマルさんて元気(@_@) 何時休んでるんですかぁ?

投稿: HOPPER | 2005/11/15 06:25

HOPPERさん、こんばんは。
ぢつは会社の時間中に・・・・と言うのは冗談で、大概イベントの後の日曜日は帰り着くなり爆睡です(^^;。
とは言え、身体の疲れより心の疲れが取れる方がどれだけ心地良い事か。
天文活動する事が、僕にとってはリセットスイッチなんですよ。

投稿: フォーマルハウト | 2005/11/15 20:57

フォーマルさん、男前に撮ってくれてありがと(笑)。

投稿: 由良@碧山庵 | 2005/11/19 22:22

いえいえ、星屋さんは皆星を見る時は真剣なんで、自ずと良い顔になるのではないでしょうかねぇ。

投稿: フォーマルハウト@会社の定時後 | 2005/11/21 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/7109613

この記事へのトラックバック一覧です: 大江山で星を見る会 2005秋:

» 11/12 大江山で星を見る会・秋の様子 [観望会報告と観望地]
実家の西宮に行った際、ちょうどタイミング良く「大江山で星を見る会・秋」が開かれて [続きを読む]

受信: 2005/11/18 21:49

« 双眼鏡望遠鏡サミット2005 | トップページ | 「満天の星」観望旅行 IN 西はりま »