« 技術士補(機械部門)登録終了 | トップページ | 国際光器に立ち寄りました。 »

2005/03/14

西はりま友の会3月例会

なゆた望遠鏡

3月12日~13日、「満天の星」のメンバー4名と共に西はりま天文台公園友の会の例会に行ってきました。前回、忘年会オフの折りに個人会員となったちゃっきりさんも今回参加されました。夜は何とか晴れ、天体を幾つか見せて貰う事が出来ました。

夕食後、登録を済ませて天文台に上がると、早速一般観望会でした。まずは土星ですが、暖かだったここ数日の大気に、第一級の寒気団が押し寄せてきただけの事はあって、シーイング云々なんてものではありませんでした。1月の例会で見た時は素晴らしく切れ味の良い土星でしたが、今回はピントの山が掴みにくく、やむなく衛星が一番小さく見える所で我慢をしました。残念ですが、大口径ほど大気の不安定の影響を受けやすいものですから、致し方ありません。次に見せて貰ったのはNGC2392「エスキモー星雲」。エスキモーの顔を見るには、ちょっとしんどい倍率かなぁと思っていましたが、中村さん@満天の星によれば、ちゃんと目と口に当たる暗黒帯が見えているとのこと。慌てて覗き直してみたら、こぢんまりとした目鼻立ちがちらちらと判りました。しかし、シーイングの影響で見えたり見えなかったりといった感じです。寒気には勝てないですね。M42の中心部も、前回あっけなく見えたトラペジウムE,Fが、ついに見えませんでした。最後に見たシリウスもシーイングが酷くて、シリウスBを分離するに至らず。ちゃっきりさんは自宅ベランダで10cm屈折を使って分離できたというのに・・・(本人は半信半疑。納得していないみたいだけど。)
まったく、こんな時期の寒気団なんて大っ嫌いだぁっ!!(晴れただけ良かったじゃないか、と陰の声)
と言う訳で1回目の観望会はここでお開き。

いよいよ例会の始まりです。司会進行は坂元研究員。

天文台スタッフの皆さん

まずは丸山さんのミニピアノコンサートから始まり、
コンサート始まりの挨拶

次は、石田副台長のクイズ、そして黒田台長の「なにぬねノート」と続きました。

そして22時半頃から2度目のなゆた望遠鏡観望会に突入。
木星は、やはり折からの寒気の性でシーイングが最悪。ピントの山を掴むにも一苦労しました。口径2mで縞が2本ですからねぇ・・・。
とは言え、NGC2903は見事でした。薄雲があるにもかかわらず、淡く伸びた腕の渦巻きが良く見えていました。この星雲はNinja-400でも好んで観望する対象の一つです。何故メシエ天体にならなかったのかと思う程明るく、腕のはっきりした棒渦巻き星雲です。しかし、Ninjaではベストの条件下でしか見えないぐらいの像を、この空の条件下で見せられてしまうと、改めて口径の差を思い知らされますね。
次に見せて貰ったM104「ソンブレロ銀河」は、「イメージと違う」というご意見が、大半の観望者から出ていました。しかし、僕が見た印象は、HSTのM104のハロの部分をグッと淡くしたイメージに非常に近かったと思います。良く見るとエッジの部分の暗黒帯以外にも円盤内の筋状の暗黒帯もちらちらと見えていましたので、正にこれを淡くした様な感じだと思いました。逸らし眼にすれば、ちゃんと大きく拡がったハロも見えました。見事です。この写真と見比べてみた他の方の印象もお聞きしてみたいものです。

恐らく今回初めて参加した会員には少々厳しかったであろう「会員タイム」の後、懇親会が始まりました。懇親会の最中もなゆたによる観望会が続く予定でしたが、湿度90%と言うセンサー表示のため、観望が再開できないまま終わってしまいました。残念。
以下は北館に移動して始まった懇親会の様子です。

懇親会の様子1


懇親会の様子2

中村さんが持ち込んだ、チョコレートで落書きの出来る不二家のクッキー(名称不明)で、ローカルに盛り上がる人達。
ペコちゃん、上手く描けましたね。
懇親会の様子3

こちらは坂元研究員に描いて貰ったペコちゃんの顔。
懇親会の様子4

それは自画像??
懇親会の様子5

それは・・・ヒ*ヤ大*堂m(_ _;
懇親会の様子6

一夜明けて、再び南館へ。
観望会中撮影できなかった「なゆた望遠鏡」の見学をしました。
これは南館入り口に掛かった案内板です。天文台の周囲は自然豊かなんですね。

案内板

続いてなゆたの前にて。おいおい、双眼鏡で何見てんのさ。
案内板

観望会の再現(イメージ)。実際には、接眼部は電動で上げ下げできるので、大人から子供まで楽な姿勢で覗けます。
案内板

そこ、展示物に手を触れないよーに。(よい子は真似しないでね(^^;)

取りあえず満足そうな会長と番長。と言うか、まだ眠そう。

案内板

最後は太井研究員による天文講演会を聴講して帰りました。

案内板

職員による天文講演会はこれが最後とのこと。残念です。

増田さん親子は所用のため先に帰ったので、西山会長と中村さんを乗せて帰りました。
途中、加西SAで戸次さんご一家と遭遇。随分疲れておられました。
加西SAで食事した後、2人を家まで送り届け、事前に約束のあった京都の国際光器へ移動しました。(次の記事へと続く)

        / GGA02600@nifty.com
     ☆<^)><★---・・・・・・
        \゛ フォーマルハウト


|

« 技術士補(機械部門)登録終了 | トップページ | 国際光器に立ち寄りました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/3292116

この記事へのトラックバック一覧です: 西はりま友の会3月例会:

« 技術士補(機械部門)登録終了 | トップページ | 国際光器に立ち寄りました。 »