« 大江山で星を見る会'2004秋 | トップページ | 「満天の星」有志の旅行 »

2004/10/25

現在愛用している天体導入用星図について

Sky_Atlas

大江山で由良さんにお見せしていた星図です。

左が普段使っている丸善のフィールド版スカイアトラス(絶版、写真は僕が持っている最後の新品)で、右側がアマゾンで入手したThe Observers Sky Atlas second edition(フィールド版スカイアトラスの元本の英語訳版、神野山にて岡田さんという方に教えて頂きました)です。
この英語版を解してラミネーターでラミネートしてみました。
英語版は日本語版のB6版に対してA5版と、一回り大きいことも手伝って、随分嵩張るようになりましたが、これでも他の導入用星図に比べれば小降りで扱いやすいものです。
KOKUYO ル-102 Campus と言うファイルホルダーに入れると、ちょうど良い感じに仕上がりました。

Sky_Atlas

表紙はこんな感じ。

Sky_Atlas

中身はこんな感じです。

Sky_Atlas

ついでにこれが裏表紙。
ちょっとした改造ですが、これで夜露も気にせず使えるようになり、結構重宝しています。
英語版のスカイアトラスを紹介して下さった岡田さんに感謝です。

       /  GGA02600@nifty.com
    ☆<^)><★---・・・・・・
       \゛ フォーマルハウト

|

« 大江山で星を見る会'2004秋 | トップページ | 「満天の星」有志の旅行 »

コメント

もし真似する時は、自己責任でやって下さいね。
この本、ほぐすの結構大変でしたから。

投稿: フォーマルハウト | 2004/10/25 21:07

フォーマルハウトさん、大江山ではお世話になりました。

巷の評判どおりの良い星図みたいですね。
早速、入手して愛用しようと思っています。
ラミネートするのは大変そうなので、A5のクリアブックに入れようかな・・・。
耳寄りな情報、ありがとうございました。

投稿: 由良 | 2004/10/26 21:26

この本を見せていただいたあとAmazonで検索して見つけてはいるのですが購入には至っておりません。
先日の星見でも「フィールド版スカイアトラス」の裏の星図が赤で書かれているため探したい場所が分からず(>_<)

中身は全部英語ですよねぇ。天体の数は「フィールド版スカイアトラス」と比べると多いですか?

「星雲星団ウォッチング」をバラバラにしてファイルに入れて使ってみたらこれがとても良いと実感しました。夜露が気にならないし、手で押さえなくてもいい!

投稿: HOPPER | 2004/10/27 08:05

由良さん:いえいえ、いつも素晴らしい自作機を見せて貰って
おりますので、少しばかりでもお役に立てたのでしたら幸いで
す。
HOPPERさん:天体数は同じだと思います。星座の線は赤から
水色に変更されているため、赤ライトの元ではっきり見えます。
新たに、二重星の隣り合う方向とか位置の年次変化、変光
星のデータ等が記号で示されています。また、2018年までの
満月と新月の日が書かれた表等がおまけで付いています。
この手の星図は、使い慣れた物を愛用するのが一番良いという
気がします。
あくまでも参考程度にしておいて頂ければ・・・。
僕にとってこれが一番手に馴染んだと言うだけのことですから
ね!(^_-)。

投稿: フォーマルハウト | 2004/10/27 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27736/1771650

この記事へのトラックバック一覧です: 現在愛用している天体導入用星図について:

« 大江山で星を見る会'2004秋 | トップページ | 「満天の星」有志の旅行 »